精神的な病を改善させる心療内科|苦しい心の病を癒すドクター

無料での利用

思考

1日でも早い回復の為に。

うつ病は現在の日本において、約100万人の患者がいると言われています。 ただこれは、専門の相談機関に相談した人の統計であり、誰にも相談せず1人でその症状を抱え込んでいる人の数を合わせると、相当数にのぼるのではないかと予想されています。 さてこのうつ病ですが、症状としてはだるさ、倦怠感、朝起き辛い、寝付けない等の軽いものから、将来を悲観する、自殺したくなる、等の重度なものまで幅広くあります。この病気をよく知らない人は、怠けている、気持ちが弱すぎると云った印象を持つようですが、うつ病は過度のストレスや疲労が脳内の神経伝達物質に異常を引き起こす病気と言われていますので、 周囲がそのような知識を持つことも大切です。 また最近ではうつ病に社会全体や、地域毎に取り組む姿勢が目立ちます。そして地域の健康福祉センターでは、うつ病に関して相談を随時受け付けていますので、気軽に相談してみても良いでしょう。

うつ病治療に本格的に取り組む。

自分や周囲の人がうつ病かもしれないと思った時、まずは地域の保健福祉センターに相談する事が先決ですが、うつ病はとくに1日も早い治療が必要ですので、出来るだけ自宅から近い精神科や神経科、心療内科等に相談、受診する事も大切です。うつ病は精神だけではなく、体にも症状が出ますので、今ではこうした医療機関において、体と心の両面からケアする方法がとられています。本格的にうつ病と向き合う準備が出来たなら、きちんとうつ病を完治するまで治療をしましょう。この病気は決して短期間で克服出来るものではありません。家族や周囲の理解を得た上で、投薬治療や環境調整、精神療法等を併用し、焦らず治す事が必要です。現在ではこの病気に関して社会的認知もされておりますので、安心して病気と向き合いましょう。